花粉症、アレルギー性鼻炎は漢方で解決!漢方専門薬剤師がアドバイス!

漢方専門薬剤師から見た心と体のケアについて役立つ情報を発信します!

 

過去ログページ

2013年03月17日

花粉症、アレルギー性鼻炎の体質改善には六君子湯(りっくんしとう)がお薦め!

ツムラ漢方 (1043)六君子湯(リックンシトウ)エキス顆粒 24包  (03611)

毎年春になると花粉症やアレルギー性鼻炎でお困りの方に
体質改善をお薦めします。

前回のブログでは

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」

をお薦めしましが、
胃腸の機能を高める漢方処方はそれ以外にもあります。

それが、今回紹介する

「六君子湯(りっくんしとう)」

です。

漢方では肺の病気は胃と関係していると考えます。
急に言われても分からないと思いますが、
ここでは詳しい説明は省略します・・・

胃腸の機能が低下するとその影響が
肺に及ぼします。

つまり、花粉症、アレルギー性鼻炎の人は
大抵、胃腸の機能が低下している場合が多いのです。

だから、胃腸の機能を高める漢方薬が必要なのです。

胃腸の機能を高める漢方薬は
前回紹介した
「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」
の他に、今回紹介した
「六君子湯(りっくんしとう)」
が有名な処方になっています。

これらの漢方薬は、今出ている症状をすぐに治す目的ではないので、
体質改善薬として、鼻の症状が落ち着いてから服用されるといいと思います。

辛い症状には一時的に西洋薬でコントロールして
ひと段落してから、漢方薬で
じっくり体質改善したほうがいいです。

今後、鼻炎を繰り返さないためにも、
ぜひ「六君子湯(りっくんしとう)」
「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
で体質改善をしてくださいね。

今ならツムラの六君子湯が通販で安く手に入ります!!
⇒六君子湯(リックンシトウ)の購入はこちらをクリック!
posted by かとちゃん at 18:15| Comment(1) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症、アレルギー性鼻炎の予防、体質改善には補中益気湯!

東洋医学的に見ると
花粉症、アレルギー性鼻炎の体質改善は
「脾」の調子を整えることが大切です。

脾とは胃腸の機能を指します。

花粉症、アレルギー性鼻炎の人は
ほとんどが胃腸の機能が低下しています。

そのためには、
胃腸の機能を整える漢方薬が必要です。

その一つが
「補中益気湯」です。
ツムラ漢方 補中益気湯  (ほちゅうえっきとう) エキス顆粒 24包 【第2類医薬品】 散剤

この処方に含まれている
「黄耆(おうぎ)」
が、皮膚の抵抗力を高めるため
風邪などひきにくくします。

補中益気湯は体質改善の目的で1ヶ月くらい服用したほうがいいです。

今ならお手頃な価格で購入できます!
⇒補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の購入はこちらをクリック!
ツムラ漢方 補中益気湯  (ほちゅうえっきとう) エキス顆粒 24包 【第2類医薬品】 散剤
posted by かとちゃん at 17:54| Comment(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

眠くならない花粉症薬 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

花粉症の季節は、
くしゃみ、鼻水、鼻づまりがひどくて
とても・・・とても辛いですよね・・・

市販の薬で何とか症状は収まるけれど

一つ問題が・・・

それは

「眠気」

です。

今年、発売されたアレグラFXは眠気が少ないとは
言っていますが、
程度の問題で、
眠気が出る人もいます。

しかし、
漢方薬なら眠気の心配はありません。

お薦めの漢方薬は

「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」

です。

漢方薬は細粒が主流ですが、
この小青竜湯はドリンクタイプ!

お湯に溶かす面倒がありませんし携帯にも便利です。

重要な会議や車の運転をする場合は
眠気のない
「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」
で花粉症対策してはいかかですか?

今ならで約50%OFFで購入できます!
⇒詳しい情報はコチラ!ツムラ漢方内服液 小青竜湯30ml×3本
















posted by かとちゃん at 00:29| Comment(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする