花粉症、アレルギー性鼻炎は漢方で解決!漢方専門薬剤師がアドバイス!

漢方専門薬剤師から見た心と体のケアについて役立つ情報を発信します!

 

2017年02月26日

小青竜湯は西洋薬、OTCとの併用は大丈夫なのか?

花粉症に使われる漢方薬として有名な小青竜湯




この小青竜湯は花粉が大量に飛散して
重症化した場合を除いて、小青竜湯単独でも大丈夫です。


小青竜湯に鼻噴霧用ステロイド薬や点眼薬を
併用する場合もあります。


さらに、

抗ヒスタミン薬との併用も問題なく使えます。


抗ヒスタミン薬には眠気の問題がありますが、
小青竜湯を併用することで眠気の防止にもつながります。


小青竜湯で花粉症の症状改善につながりますが、
これは、あくまでも表面的な問題を解決しているだけ


つまり、本質的な改善にはなっていません。


毎年春に花粉症で悩まされないためにも
体質改善の目的で漢方を服用することをお勧めします。


人は困ったときに、一生懸命に治療しますが、
いったん症状が落ち着いて気にならなくなると
体の事への関心が薄れてしまいます。


毎年同じ症状を繰り返してその場しのぎで過ごすより
もっと根本的な問題として体質改善や食生活を含めた
生活習慣を見直すことが重要ですよ!

もし、体質改善の目的で
漢方を服用したい方は、こちらの記事が
参考になりますよ!

⇒花粉症になりにくい体質にする「本治」に使われる漢方薬

















posted by かとちゃん at 10:40| Comment(0) | 花粉症 漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする